ホーム > 志岐蒲鉾のこだわり > 造り手のこだわり

造り手のこだわり

魚、水、塩 素材にこだわるからこそ製品に自信が持てます。
造り手のこだわり
造り手のこだわり

  生魚  

   近海で獲れたエソを仕入れ、自社工場で手作業でさばき、

   すり身にして使用しております。

   冷凍すり身が普及した現在、生魚を手間隙かけてすり身に

   している蒲鉾屋は珍しくなりました。

   しかし、生魚独特の風味・旨味は、志岐蒲鉾の味には

   欠かすことのできない大切な特徴でございます。


  上級すり身

   蒲鉾の材料となる魚は、頭や骨や内臓を取り除き、

   魚肉の部分のみを使用します。

   魚肉の状態で、さらに「裏ごし」を行い、

   細かい骨やうろこを丹念に取り除きます。

   その際、最初に出てきたものを「一番肉」、

   裏ごし機に残ったすり身を再度裏ごししたものを

   「二番肉」と呼びます。

   「一番肉」は、魚から少量しか取れず、とても希少な

   ものです。志岐蒲鉾ではその「一番肉」の中でも、

   さらに上級なすり身を市場から仕入れて使用しております。

   「一番肉」のすり身を使用することで、

   志岐蒲鉾のプリッとした弾力、しなやかな歯ざわりを

   楽しんでいただけます。


  副原料

   蒲鉾の土台となるすり身だけでなく、

   えびやイカなどの魚介類や野菜も厳選しております。

   季節によって産地や材料が変わる場合、

   その都度、社長自ら試食し、吟味して仕入れております。

造り手のこだわり
造り手のこだわり

  手づくり蒲鉾

  志岐蒲鉾の商品には、職人の手作業でしか作り出せないものが

  数多くございます。


  『特上蒲鉾(中)』は、熟練の蒲鉾職人が一本一本手作業で形を作ります。

  「付け包丁」という伝統的な道具を使い、

  蒲鉾に粘りやツヤを出しながら、丹念に仕上げていきます。

 

  そして、志岐蒲鉾を代表する商品のひとつである『厚焼』

  型枠に丁寧に生地を入れ込み、鉄板で一枚一枚、時間をかけて

  丁寧に焼き上げます。

  温度や湿度など外部環境によっても商品の出来が変わるため、

  経験を積まなければできない、とても難しい作業です。


  一つ一つの製品に職人の想いが込められています。

造り手のこだわり
造り手のこだわり

衛生管理

志岐蒲鉾本店城島工場では、2017年1月にしゅうまい製造ラインにて

外部審査機関よりHACCPの認定を受けました。

HACCPとは、安全で衛生的な食品を製造するための管理方法であり、

国際的に認められている手法です。


今後も、安全安心な商品造りを追及してまいります。

志岐蒲鉾の商品ができるまで

この映像は30年程前に撮られた物です。しかし、今も昔も製造工程はほとんど変わっていません。